当社のリサイクル

当社のリサイクル
- Our recycle -

近年、産業廃棄物問題は見てみぬ振りのできない問題となっています。
排出業者責任がますます強化され、拡大製造者責任(EPR)が明確化されるなど、廃棄物管理の重要度も増してきている現状です。

そういった中で、当社では環境負荷を減らすため、廃棄物を減らすことはもちろんのこと、
原料として使えるものは積極的に再資源化し、適切な廃棄物処理に取り組んでおります。

「これはリサイクルできるかも」と思われましたら、ぜひとも当社にご連絡ください!

鉄をリサイクル

鉄をリサイクル

鉄は当社で分別し、破砕など大型機械による加工を施して国内外の製鉄メーカーなどで溶解され、また再び「鉄」として生まれ変わります。

当社での選別、加工においては各種重機以外にも、県内最大級を誇る「ギロチンシャー(大型鉄屑切断装置)」を導入し、より再生しやすく手を加えることと輸送コストを抑えることで、環境配慮への大きな一助を担っています。

非鉄をリサイクル

非鉄をリサイクル

非鉄スクラップ(銅・アルミ・ステンレス・など)も素材ごとに分別され、溶解されます。

非鉄スクラップは種類によって用途が異なるため、特に分別が重要になります。 近年「都市鉱山」と言われるように、廃棄された携帯電話や機械などから採取される非鉄系金属が珍重されるほど需要と供給のバランスが難しくなっており、今後より一層のリサイクルが求められています。

廃プラスチックをリサイクル

廃プラスチックをリサイクル

これまで「埋める」「燃やす」が主な処理方法だった、代表的な産業廃棄物ともいえる廃プラスチック。近年はリサイクル技術の進歩とともに徐々にそのリサイクル方法も変わってきています。その代表的なリサイクル方法に、マテリアルリサイクルとサーマルリサイクルがあります。

マテリアルリサイクルは、再生してPETボトルやトレーなどに生まれ変わったり、当社設備の発泡スチロール溶融機では発泡スチロールを溶かしてインゴット化し、これを原料に衣類やプラスチック製品として再利用させています。

サーマルリサイクルには、廃プラスチックを圧縮して発電所や工場などに持ち込み固形燃料やガス化燃料として再利用するものと、ゴミ発電やセメント焼成などのエネルギー回収方法とがあります。

なお、引き取り対象品は以下のものになります。

  • 一般汎用プラスチックス(PMMA・PP・HDPE・LDPE・ABS・PS等)
  • エンジニアリングプラスチックス(POM・PBT・PC・PA等)
  • フィルム・シート状製品

基本的に種類が単一で汚泥・油等が付着していないものが引き取り条件となります。

木くずをリサイクル

木くずをリサイクル

林野が多く、木造建築物も多い我が国においては、産業廃棄物としての木くずのリサイクルも大切な課題です。

当社では大型破砕機を使い、木くずをチップ化して燃料として再利用できるよう加工しています。

ご家庭からでたもののリサイクル

木くずをリサイクル

当社が行うリサイクルは、工場や工事現場からだけではありません。みなさんのご家庭からでた「ジュース缶」や「PETボトル」も、各自治体のごみ収集車により持ち込まれています。

当社ではジュース缶選別機を使いスチール缶、アルミ缶、PETボトルを分けます。その後スチール缶、アルミ缶はプレス機によりキューブ状に、PETボトルは袋詰めされて出荷され、またおいしい飲料水となってみなさんのご家庭に戻ってきます。

そのほかのリサイクル

木くずをリサイクル

当社ではそのほかにも解体現場や工事現場から出るアスファルトやコンクリートなどのガレキ類、雨どいやパイプなどの塩ビや屋外広告物などのアクリルなども受け入れします。

また契約店舗から引き取らせて頂いた「廃植物油」も廃食油再生燃料化装置を使い、精製後にバイオディーゼル油として再利用しています。

  • TEL
  • 営業時間・定休日
  • MAIL
  • メールフォームをご利用ください
▲ PAGE TOP ▲